南イタリア食材専門店 南イタリア食材輸入卸

ショッピングカートの中身

オリーブオイルと他の植物油との違い

数ある植物油の中でも、搾ったまま生で利用できるのはオリーブオイルだけと言われています。熱を加えたり、脱臭、脱ガム処理といった精製工程を経ていないので、自然な風味と香り、また健康を促進する栄養素をそのまま保つことができるのです。世界で生産される植物油生産量のわずか5%に過ぎないオリーブオイルは有用な栄養成分を豊富に含む大変貴重なオイルです。

オリーブオイル効能


オリーブオイルの効能のすばらしさは他の追随を許しません。しかも専門家による調査で毎日のように新しい効能が発見され続けているのです。私たちの健康を改善し生活の質を向上させるオリーブオイルの力が実際にどう働いているのかは、まだまだ、ほんのわずかしか解明されていないと言われています。それでも、わかっていることを少しだけ聞いても、オリーブオイルがどんなに体に良い食品かはすぐにわかります。 オリーブオイルは、脂肪酸、ミネラル、ビタミンと大きくは3種類の成分を含んでいますが、脂肪酸の中でもオレイン酸の含有量はどの植物油より豊富です。身近な油と比較してみると、ごま油の約2倍、大豆油の3倍以上です。オイルが酸化すると体に有害な過酸化脂質となりますが、オレイン酸は最も酸化しにくいオイルで、しかも脂質代謝(脂質をエネルギーに代える)、糖代謝を活性化させるので、皮下脂肪の主成分である中性脂肪がつきにくくなり、整腸作用や胃健作用もあるので健康的に効果あるダイエットをするのに最適です。体に不可欠な善玉コレステロール値を下げることなく悪玉コレステロール値だけを下げるという点でも、リノール酸など他の種類の脂肪酸よりすぐれていることが調査により明らかになっています。
オレイン酸以外に含まれている微量成分は200種類以上ありますが、ミネラル成分について言えばカルシウム、鉄、カリウムなどを豊富に含みダイエットをしている女性に不足しがちな鉄分、カルシウム分を補うのに役立ちます。さらに、オリーブオイルには、鉄分の吸収率を高めるのに不可欠なビタミンC、カルシウムの吸収率を高めるビタミンDが多く含まれています。他にもビタミン成分が豊富に含まれていますが、特に注目すべきなのは、ビタミンE(トコフェロール)です。これは抗酸化物質で老化や病気の元凶となる活性酸素を取り去る効果があります。
その他にも、やはり抗酸化物質であるポリフェノールも含まれています。ポリフェノールはガンの因子といわれるピロリ菌の増殖を抑えたり、心臓や血管の病気を予防する効果があると言われています。さらに、オリーブオイルには、悪玉コレステロール値を下げるシクロアルテノール、便秘を解消する植物繊維も含まれています。 上記の情報が示す通り、オリーブオイルはとても健康的で、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心臓病、糖尿病、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療、ガンや骨粗鬆症、貧血、むくみの予防にも効果的だと言われています。そして、これらの効能成分は質の良いエキストラバージンほど、より豊かに含まれているわけですから、オリーブオイルを吟味して選ぶことには価値があります。
オリーブオイルは、地中海沿岸では不老長寿の秘薬として古くから使用されており、現代、世界中で注目されている地中海式ダイエットの要を担っています。地中海式ダイエットは2010年から世界無形文化遺産として登録されています。