オリーブオイル納豆が注目されるわけ

納豆

納豆とオリーブオイルの共通点

体に良いことがいっぱいで知られる納豆。その納豆が持つ効能とオリーブオイルの効能は似ているところが多いのをご存じでしょうか。しかも一緒に食べれば効果も倍増!せっかく体に良いものなら、効果を最大限に引き出して美味しくいただきたいものですよね。

納豆にしかないナットウキナーゼという酵素には血液をサラサラにする効果があるといわれていますが、オリーブオイルも血液中の悪玉コレステロールを減らす働きをします。

納豆の主な成分のひとつ、ビタミンK2はカルシウムが骨になるのを助ける働きをしますが、オリーブオイルもカルシウムの骨への吸着を高める作用があります。ビタミンK2は脂溶性(油に溶けやすい)なので、納豆とオリーブオイルを一緒に食べることで、ビタミンK2の吸収効率をアップさせることができるのでダブル効果!ビタミンK2には、血液の凝固に関わり出血を止める大切な働きもあります。

納豆には、なんとゴボウの2倍の食物繊維が含まれているそうですが、他にもビタミンB,E,鉄分、カリウム、マグネシウム、セレンなど体に良い栄養成分が沢山ある点もオリーブオイルと同じ。オリーブオイルも食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

卵の加え方で効果アップかマイナスかが決まる

最後に、納豆と一緒に良く食べるのが一般的なのですが、意外な落とし穴が。それは卵の白身。なんと納豆の健康効果を減少させてしまうのです。納豆に含まれるビタミンの中にビオチン(ビタミンB7)と呼ばれるものがあります。ビオチンは皮膚炎を治すビタミンとして発見されたもので、血液をスムーズに循環させる力や、皮膚の炎症を抑えたり、皮膚の再生力を高めたりする働きがあるので美肌効果、美髪効果がある大切な成分です。卵の白身に含まれるアビジンという成分は、ビオチンの吸収を阻害する恐れがあると言われています。でも、卵がダメというわけではなく、同じ卵でも卵黄との相性は良く、ビオチンと卵黄に含まれるレシチンは相乗効果により脳を活性化し記憶力の減退を防ぐことができるので、卵黄との組み合わせはおすすめなんです。

おすすめトリオ:
納豆+卵黄+オリーブオイル
血液サラサラ・骨粗鬆症対策・美肌効果に期待!

その他に 納豆一緒に食べるのがおすすめの食品:
キムチ(乳酸菌がアップで腸内環境改善) ゴマ(ビタミンE増強、白髪改善)ネギ(ビタミンCプラスで疲労回復)玉ねぎ(血行促進で冷え性改善)オクラ(腸内をきれいに)シソ(胃腸の強化)など。

良く練った納豆とお好きな食材を合わせたら、仕上げにさっと上質なエキストラバージンオリーブオイルを回しかけ!(小さじ1杯ほどが目安)美味しい超優秀健康食ができあがります。

朝・昼・晩 いつが一番効果あり?

ちなみに、納豆はその効果をより引き出すためには、夜食べた方が良いという意見が圧倒的に多いようです。理由は寝ている間に分泌される成長ホルモン*を促進したり、血栓ができやすい時間帯といわれる明け方に、納豆の酵素がちょうど働く時間が合うようにすることができるからです。それで、食べる時間を選べるなら、夜に食べるのがおすすめというわけです。

成長ホルモン:子供から大人まで必要なホルモンで、成長期には文字通り身長を伸ばしたりする働きをする。別の重要な働きは、体の様々な臓器での代謝を促して調整し若さと健康を維持すること。成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠中と運動後。

  • 南イタリア産エクストラバージンオリーブオイル
  • ピュアオリーブオイル 料理は全部オリーブオイル 仕上がりに差が出るオリーブオイル
  • 品評会やコンクールでの輝かしい受賞歴
  • カロリオリーブオイルは大注目 高評価
ページ上部へ戻る